気ままレシピとシンプルライフ。

面倒くさがりで外食派だったプチ汚部屋人が、健康で文化的な最低限度の生活を取り戻していくブログ。自炊しようかな、から始まり、ミニマリストまではいかなくていいけどシンプルに暮らしたいと思い始めたところ。

当然の権利を、声高に主張する必要もなく、当たり前に享受できることのありがたみ。

書くネタはちょいちょいあるんだけど、仕事のためか脳みそがあんまり文章を綴る方向に向いてくれなくて、ブログに向かうこと自体をちょっとお休み中であります。

今日はなんとなく筆が乗ったので。

頼まれ仕事が社内で思いのほか好感触だった模様。上司の上の上くらいの人にも好評を得たようで、その絡みでイレギュラーな業務をなんとかこなし、ようやく落ち着いてきたところ。あとは25日を過ぎれば平常運転に戻れるだろう。

勤務の時間帯が一時的に変わったり、持ち帰りの作業があったりで、この仕事にしてはかなりの超過勤務なんだけど、やってて楽しい作業だし、前職のサビ残時間に比べたら屁でもないし、然るべき報酬も当然きちんと貰えるというのでまったく苦にならない。

当然の権利を、声高に主張する必要もなく、当たり前に享受できることのありがたみを噛みしめているわけで。やっぱね、きちんと報いてもらえるって、仕事のモチベーション維持において重要ですよ。
社畜やめてよかった。まだ人間でいられるんだ。そんな気分。まあまだちょっと卑屈さが抜けない感はあれど。

今回は、まずこちらがちょっとしたギブを見せたら、すぐさましっかり相応のテイクが返ってきた。で、テイクはしっかり行うからという前提のもと、先方からギブの要求があり、それにこちらが要求通りに応えた、という形なんだけど、信頼関係ってこういうことなんじゃないですかね。

ギブがあったのをいいことに、そのギブが煎餅より薄く固くなって粉々に砕けるまで、その上にあぐらを掻き続ける人たちとは大違いだ。

そんなことをつらつら思いながら、ちょっとした充足感に包まれて今日は寝ます。

今更だけど「ルパン三世」新テレビシリーズ(第4シリーズ)の感想。

やーさぼったさぼった。色々さぼった。

ブログも掃除も家事もさぼって何やってたかと言うと、「ルパン三世」見てました。

新テレビシリーズ、オープニングがかっこいい!というニュースを見たので放送されてたのは知ってたけど、家にはテレビがないのでリアルタイムで見られず。レンタルも開始されたけど声優陣が交代してたこともあってわざわざ見ようかという気にもならず。

今回たまたまAmazonビデオでプライム会員無料になってたので、ちょっと見てみるかな~と思ったら意外と面白い。気付けばどっぷり漬かってしまっていた。

以下感想。

オープニングとキャラデザ

f:id:naganegi222:20170613071542j:plain

いやもうかっこいい!の一言。片目3Dの技術もだけど、何より何より次元のこのニヤリがもう、ね。完全に私を殺しにかかってるとしか思えん。このシーンの次元、手つきといい表情といい、何から何まで好み。この脇をあけて手首を返す感じとかね。そして紫のシャツに白のネクタイ、帽子の巻きはグリーンですよ。何これやばい。かっこいい。いつものくたびれた感はどこ行ったの。

ていうか今シリーズのキャラデザすごく好きだなあ。ファッションもだけど、体型とか髪のボリュームとか目の描き方とか、過去作のいいところを全部拾って磨き上げたみたい。今までは古瀬登氏のキャラデザが一番好きだったけど、今回個人的ランキングが更新されたですよ。特に不二子ちゃんは今シリーズのデザインが一番かも。女性キャラが男性陣と並んだ時に浮かないって大切なのね。

五エ門はちょっと童顔で目も大きくなって、だいぶ幼い感じ。見た目はだいぶ原作に寄せてきたなあという印象。お坊っちゃん感が出ててすごくいい。ピンク×グレーの着物もおしゃれ。そして黒襟ね。ここ大事。

作画も好き。柔らかいようなごついような、筆ペンで描いたみたいな線も、古臭さや劇画の雰囲気を残しつつ、すっきり洗練された感じで、鮮やかな色合いと馴染んでて、見ててすごく心地よい。線の強弱があるから,、余計な陰影が要らない=見てて疲れない。色トレス多用の陰影パキパキな作画も嫌いじゃないけど、目が辛いんだよね。

新声優陣に関して。

ルパン、次元以外の声は今回初めて聞いたけど、ほとんど違和感なくてとりあえずほっとした。最初以降は声が変わったことを殆ど意識せずに見られた。キャラデザも全体的に若返ってるから釣り合いが取れてる感じ。

沢城不二子が思いの外馴染んでて驚いた。たまに声が軽いのが気になるけど、若い不二子ちゃんって感じで悪くない。浪川五エ門はセリフ自体少ないけどシリアスな演技に関しては言うことなし。山寺銭形は安定ですね。

ただ、こうなると次元が周りに比べて弱く聞こえてしまうのにちょっと寂しさを感じたり。まあ流石に小林さんのお歳を考えると無理もないことだと思う。なんで次元も一緒に変えなかったんだってな声もあるみたいだけど、個人的には小林次元大好きなのでこうして演じ続けてくれて嬉しいし、一生演じ続けて欲しいと思っている。

ちなみにもし次元交代するなら大塚明夫氏でお願いします。

トーリーとオリジナルキャラ

トーリーはオリジナルキャラのレベッカとルパンの結婚に始まり、「イタリアの夢」という言葉を鍵とした大きな流れを軸に、基本一話完結のショートストーリーが展開していく形。寄り道をいっぱい詰め込んだテレビスペシャルという感じで、飽きさせない。旧作からのお約束もあり、キャラそれぞれに焦点を当てた回も用意されていて、ファンサービスもばっちり。

個人的には脱獄回と車でお散歩の回が好き。こういうのはテレビスペシャルではできないもんね。

オリジナルキャラクターもそれぞれに魅力的でした。

全編を通して登場するメインのオリジナルキャラクター・レベッカは、お転婆でわがままで、ルパンを振り回す様は不二子の妹キャラみたいだなーと思ったり。実際不二子と競い合う回もあって、ほんとに姉妹みたいだった。

そんなレベッカにいちいち世話を焼かされる執事のロブも、渋いオジサマっぷりが素敵。武器の扱いにヘリの操縦もできるとか有能過ぎやろ。

途中対立するMI6のニクスさんも、人間離れした特殊能力でルパンたちを追い詰める有能さと家族思いのギャップがいい味出してます。

ラスボス的存在のダヴィンチさんは悪党というわけではないのでちょっと物足りない感はあるけど、SFな設定は好き。個人的にはもうちょっと掘り下げてほしかった気もするかな。

まとめ

作画・キャラデザ・色彩・美術・オープニングの演出、全体的に視覚に訴えてくる作品だったなあ。

第2シリーズを何度も再放送で見ていた世代として、懐かしさと新しさが同居するこの感じ、すごく好きなんだけど、今シリーズで初めてルパンのテレビシリーズを見る世代の人にはどう映るんだろうね。

とりあえずこの再燃したルパン熱を何とかするために旧シリーズを見直そうと思います。

 

【おにぎらず】ちりめんじゃこと小松菜のピリ辛醤油炒め。

今週分のおにぎらずの具。1つはキーマカレーなので、もう1つはお魚系にしようかなと。鮭フレークの麺つゆ炒めと同じノリで、お魚&青菜コンビ。

naganegi222.hatenablog.com

材料

  • ちりめんじゃこ
  • 小松菜

調味料

  • 七味唐辛子
  • 醤油
  • ごま油

分量はすべてお好みで。

作り方

  1. ごま油を熱して小松菜を炒め、火が通ってかさが減ったらちりめんじゃこを投入してさらに炒め、味付けして完成。

f:id:naganegi222:20170601100553j:plain

特筆することはない。うまうま。

しかしシンプルに醤油と七味で炒めるならやっぱり大根葉が最強だな。葉っぱ単品売りしてくれないもんかね。

【ピザ】夏野菜キーマカレーのピザアレンジ。マヨネーズと追いトマトで、ジューシーでほんのりジャンクなカレーピザに。

先日の夏野菜キーマカレーをさっそくピザにアレンジしてみた。

材料・調味料(1枚分)

  • 冷凍ピザ生地 1枚
  • 冷凍キーマカレー 200g
  • フレッシュトマト 1個
  • とろけるチーズ お好みで
  • マヨネーズ 生地に薄く伸ばせる量。

f:id:naganegi222:20170602051915j:plain

キーマカレーはこんな感じで冷凍してあります。Lサイズジップロックで6等分。量ったら1個が95gくらいだった。

 作り方

  1. マヨネーズを生地に薄く塗り、解凍したキーマカレーを広げる。
  2. 角切りフレッシュトマトを散らし、チーズを乗せて焼いたらできあがり。

f:id:naganegi222:20170602051836j:plain

今回は、冷凍カレー1食分だけ使ったので、写真のように左半分だけカレー。さらに実験として、左上1/4はカレーとトッピングのチーズのみ。左下1/4が今回のマヨトマトをプラスしたレシピで、食べ比べを行うのだ。

右半分は、サラミとトマトが余ってるのでバーベキューピザ。詳細はこちら。 

naganegi222.hatenablog.com

 焼きあがりはこんな感じ。

f:id:naganegi222:20170602051840j:plain

カレーのみ版とマヨトマト版を食べ比べてみたけど、ピザとしてはマヨトマトの方がおいしい。

カレーのみ版は、カレー自体が美味しくできたものなのでもちろんまずくはないけど、なんか物足りない。多分、歯ごたえを殆どピザ生地に持っていかれて、ご飯の時のようには野菜の歯ごたえを感じられないせいで、単調に感じるのかな。あと、ちょっと水分が足りない感じ。ピザまるまる1枚これだとちょっと飽きそう。ご飯とピザでだいぶ違いが出るのね。思いがけない発見。

マヨトマト版は、バーベキューピザの方にトマトが乗りきらなかったもんで、思いつきで乗せてみただけなんだけど、正解だったみたい。フレッシュトマトの酸味とジューシーさがカレーのいい引き立て役になってくれて、いくらでも食べられる感じに。
マヨネーズも、生地とカレーとチーズをいい感じにつないでくれるので必須だな。生地の1/4で小さじ1くらいと、かなり薄めに塗ったんだけど、これで充分。ほんのりジャンクな味でよりピザらしくなった。

キーマに入ってる野菜類は、多分別乗せした方が歯ごたえが活きてもっと美味しくなる気がする。ひき肉と玉ねぎニンジンだけのキーマカレーソースをつくって、湯がいた野菜を乗せて、という感じか。面倒なのでそこまではするつもりはないけど、きっと美味しいよね。

ていうかキーマカレーも野菜別乗せしてもいいかもしれない。今度作る時は試してみよう。

【冷凍ストック】ズッキーニ

ズッキーニを見つけたので買ってみた。

f:id:naganegi222:20170601093818j:plain

2本で170円。安いのか高いのかわからん。
とりあえず一部を夏野菜キーマカレーに投入して、残りは冷凍保存することにした。

f:id:naganegi222:20170601093822j:plain

厚めのイチョウ切りにして、沸騰したお湯で20秒ほど湯掻き、ざるにあけてキッチンペーパーで水気をよく切る。

f:id:naganegi222:20170601095044j:plain

ジップロックに入れて冷凍。

ズッキーニは初めて扱った。切るとちょっとぬるぬるするのね。ナスなのかきゅうりなのかはっきりしてくれと思ったらかぼちゃの仲間なんだって。ふーん。

炒めものが安定して美味しそうだけど、ポン酢系の浅漬けにしてもおいしそう。

【メイン】おにぎらずの具にも。夏野菜ごろごろキーマカレー

またカレー。ズッキーニが売ってたので使ってみたかった。

材料(6食分くらい?)

  • ひき肉 500g
  • ズッキーニ 1/2本
  • ナス 1本
  • トマト 1個
  • 冷凍スライスオニオン 2つかみくらい
  • ニンジン 1/2本
  • ピーマン 2個
  • トマト缶 1/2缶

調味料

  • カレー粉 大さじ1
  • 鶏ガラスープ顆粒 大さじ1
  • ソース 大さじ2
  • ケチャップ 小さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • ローリエ 少々
  • オレガノ 少々
  • バジル 少々
  • ナツメグ 少々
  • フライドガーリック 少々

作り方

  1. 冷凍オニオンスライスは粗みじん切り、ニンジンとピーマンは3mm角のみじん切り、ズッキーニは8mm厚くらいのイチョウ切り、ナスとトマトは1cm角のサイの目に切る。
  2. フライパンに油をひき、材料を炒める。
  3. 炒めながら調味料も加え、水1カップを加えて水気が飛ぶまで煮込んだら完成。

f:id:naganegi222:20170601073619j:plain

ニンジンジャガイモ玉ねぎのベーシックなカレーももちろん好きだけど、夏野菜カレーの類がたまらなく好き。野菜がたっぷり取れるし、一皿食べる間に色んな食感と味をかわるがわる楽しめる。

夏野菜カレーと言うと、どちらかと言うとスープカレーっぽいのが多くて、それも好きな理由。重くないからたくさん食べられるし、シャバシャバのスープをご飯にかけてさらさら食べるのも美味しい。

ハーブ類は引き出しにあったものからカレー向きっぽいのを適当に投入。トマト缶もミートソースを作って余ったのを入れた。今使ってるカレー粉だとそれほど辛くないので、唐辛子を加えて汗をかくような辛さにしてもいいかな。

炒める順番とかももっとこだわってもいいのかな。
ひき肉は炒めてから味付けがいいのか、そぼろ風に火を入れる前に味付けをした方がいいのか。スパイスを先に炒める方がいいのか、スープで煮込んでからスパイスなのか。
ネットでレシピを検索しても諸説あるようなので、色々試してみたい。

今回は大量に作って、一部はおにぎらず行き。
残りはジップロックで冷凍保存。冷凍するときに中身を袋いっぱいに平らに伸ばし、袋の上から等分の割れ目を入れて、使う時もパキッと簡単に使う分だけ取り出せるようにした。

【ピザ】生地を伸ばして冷凍する方法と、冷凍ピザ生地をほどよく解凍する方法。

常備食材のピザ生地について追記。 

naganegi222.hatenablog.com

今までこちらの記事のとおり丸めて冷凍していたけど、解凍に時間がかかるのと解凍のタイミングを計るのが面倒だったので、伸ばして冷凍する方法に変えてみた。

冷凍方法

f:id:naganegi222:20170602042715j:plain

こんな感じで、グリルパンより若干小さめに伸ばして、ラップして冷凍するだけ。要は厚みがなければいいので、もっと小さい分には問題なし。

解凍方法

f:id:naganegi222:20170602043026j:plain

給湯器のお湯(40℃強)をたっぷり入れたジップロックを乗せて、5分ほど放置。これだけ。手で触ってみて冷たくなければOKだけど、できれば温く感じるくらいまでジップロックを乗せておいた方が焼きあがりがいい気がする。生地が冷えた状態のまま焼くと、ちょっとクリスピーっぽく固く焼きあがる。

今までの丸めて冷凍する方法だと、解凍に数時間かかって、しかも室温で放っておくと発酵が進み過ぎてしまうことも。帰宅してすぐ食べたいと思っても無理なので、今日は帰ったらピザを食べようと決めて、あらかじめ解凍しておく必要があった。

この方法なら、帰ってからでも具材を用意している時間でちょうどいい具合に解凍できる。仕上げの成形もグリルパンに合わせてちょっと伸ばしてあげるだけなのでかなり楽。

生地をある程度の大きさに伸ばすのも、解凍後よりもできたての時の方が生地が滑らかでやりやすいので、色々手間も減り時短になるのでこの方法がお勧め。