気ままレシピとシンプルライフ。

面倒くさがりで外食派だったプチ汚部屋人が、健康で文化的な最低限度の生活を取り戻していくブログ。自炊しようかな、から始まり、ミニマリストまではいかなくていいけどシンプルに暮らしたいと思い始めたところ。

ぎっくり腰のついでに足の指まで捻挫していたらしい

f:id:naganegi222:20170920095049j:plain

なんか昨日から足が痛いなと思ってたら、右の中指捻挫してた。

ぎっくり腰騒動の最中にどっかでぶつけたらしい。たしかに足腰のコントロールがきかなくて色々あちこちぶつけてた気はする。腰の痛みに気を取られて気付いてなかった模様。

連休明けて行きつけの整骨院に行って、腰の痛みが取れてからようやく気付いたというね。

情けない話です。

とりあえず電気流してもらって、湿布とテーピングでなんとかしのぐ。

痛ーよコンチクショウ。

www.naganegi222.com

骨格ストレート向けスニーカーを買いました。PUMA コートポイントバルクパーフ358889

f:id:naganegi222:20170918024931j:plain

ネットでスニーカー色々見てたんだけど、先日店頭で見かけたこの子に一目惚れしてしまった。(写真はお店の人に許可貰ってます、一応。)

その後、アウトレットで他にも色々見ようかなと思ってたんだけど、予定してた日にぎっくり腰で行けなくなってしまったので他はまあいいか、と。

f:id:naganegi222:20170918024904j:plain

PUMAの合皮コートシューズ。レディースでサイズは24.5。

PUMA履くのは久しぶりだなあ。

PUMA ってシンプルだけどもっと見た目ずっしりと重そうなイメージがあったんだけど、これはそうでもないね。

こちらはよくお勧めされているスエードクラシック。

嫌いじゃないんだけどやっぱりちょっと重たそう。 本革な分、実際多少重いと思う。爪先までしゅっとまっすぐな感じもあんまり好みじゃないんだよねえ。

  • 今までのスニーカー
  • PUMAのお気に入りポイント
  • 履いてみるとこんな感じ。
  • その他、気になったスニーカー。
続きを読む

毎週値下げの東京古着。本日の掘り出し物。

ギックリ腰でアウトレット巡りがお預けになったのが悔しかったので、整骨院と同じイオンモールにオープンした古着屋さんを覗いて来た。

www.naganegi222.com

 お店は「東京古着」さん。

www.hugall.co.jp

毎週金曜に一斉値下げ

ここは価格システムが独特で、商品が毎週金曜に一斉に値下げになります。

商品には色の違う札がついていて、今週は緑の札が980円、黄色い札が500円、という風に、札の色で値段が変わります。で、金曜になると先週980円だった緑の札が今週は500円、と行った具合に、毎週ワンランクずつ値段が下がって行くんだそうな。

安くなるのを待つのもよし、誰かに買われる前に手に入れるもよし。一種のチキンレース的駆け引きが繰り広げられるわけですな。面白い。

とりあえず底値の500円コーナーで、サマーなピンクのストールをゲット。若干汚れと傷があるけど気にしない。

f:id:naganegi222:20170917151556j:plain

そして今日の掘り出し物は、BANNER BARRETTのシャツ。

f:id:naganegi222:20170917151536j:plain

まずこの色が!ちょっとだけ彩度を落としたソフトなスカイブルー。グレーにもパープルにも見えるような、絶妙なニュアンスカラーですよ。白デニムとの相性も抜群。

襟の小さいシンプルな形に、薄くてしなやかだけどパリッと感もちゃんとある生地で、試着する前からこれは当たりだな、とわかってしまいました。状態もかなり良く、試着のみで売りに出されたんじゃないかな?おそらくまだ一度も洗濯してないと思われる形の綺麗さ。洗濯しててこれだったらそれはそれで素晴らしい縫製だな。

試着したら案の定どストライクでサイズもぴったりだったので、即購入を決意しました。試しに金曜まで待ってみても良かったんだけど、980円なら絶対買いだと思ったので。おそらくこれ買い逃したら悔し過ぎて眠れないと思う。

生地は綿65%、テンセル35%。ペラっと薄いんだけど透け感は殆どなく、薄さの割にハリがある。薄さのおかげで袖を捲っても全然もたつかなくてとてもいい感じ。

経営母体はブックオフさんなんだって。

お店のお兄さんが気さくな方だったので、お店について聞いてみた。

商品の値下げが金曜ということで、入荷もそれに合わせて金曜日。

経営母体がブックオフさんだという話です。ブランド物も、安いけどきちんと鑑定を通してるから安心ですよって言ってた。

 楽天で出店してるハグオールファッションさんも同じ系列の模様。商品数もなかなか。

このシステムで毎週どれくらいの商品が入れ替わるのか非常に興味があるので、こまめに覗いてみようと思います。

ぎっくり腰備忘録。

今日はですね。

休みだったのでスニーカーを買いに行こうと思ってたんですよ、スニーカーをね。

最近やたら靴下の右のかかとだけ穴が開くなあ、これで2足目だなあと思っていたら仕事用の運動靴がいい加減ボロボロで穴まで開いてるのに気付いちゃって。

んで昨日、同僚の女の子も靴壊れたからってお母さんのニューバランスをこっそり借りて履いて来てて、バレたら死ぬほど怒られちゃうってぼやいてるの聞きながら、あー私も買いに行かないとなあーなんて言ってたんですわ。

  • 序章
  • またギックリ腰か。
  • さてどうする。
  • しかしまあ、医者行くまでが結構難関だった。
  • タオルで即席コルセット
続きを読む

【お直し計画】お気に入りのヒッコリーボーイフレンドデニムが捨てられない【バッグにリメイク編】

f:id:naganegi222:20170916043142j:plain

前の記事の続き。

 

バッグにリメイクも捨て難くて悩む。気持ちが揺れまくっているので、それぞれのメリットデメリットを書きだしてみることにしたよ。

サイズ直しの場合

メリット
  • 洋服としての実用性が残る。ボトムスとしてお気に入りだったんだからボトムスとして活用出来るのが一番か。
  • うまく行ったらめちゃくちゃ達成感ありそう。「お気に入りだったけど履けなくなってしまったデニムを頑張ってお直しして前よりもっとお気に入りに!」っていい話の典型じゃないですか。いい感じにお直ししてちょっとどやってみたいという不純な気持ちもあったり(笑)
デメリット
  • サイズ感の調節とか解く手間とかステッチの仕上げとか結構大変そう。失敗も怖い。でもその分、かなり勉強になりそう。これのお直しができればもうデニムのお直しは怖くないだろうな。今後機会があるかは知らんけど。
  • ゆる系デニムが2本になるのでどっちか履かなくなりそうな予感。元がお気に入りだっただけにこっちが優勢になりそうな気がしている。まあこれは履かなくなった方をバッグにリメイクすればいいかなとも思う。

バッグにリメイクの場合

メリット
  • 最近、仕事道具を入れてるサブバッグの容量が足りなくなってきて大きめバッグが欲しいなと思っていたので作ったらかなり活躍しそう。
  • リメイクしてて楽しそう。裏地選んだりとかね。
デメリット
  • 職場のデニムバッグ男子と被る。見た目もだいぶ違う感じになるはずなので私は全然気にしないんだけど、もしその子の方が気にしちゃう性質で、かなりお気に入りっぽいそのバッグを仕事に持ってき難く感じちゃったらすごく申し訳ないかなと。これは本人に聞いてみるのもありかな。
  • 実用性に関して、慎重な計画が必要。もともとバッグの実用性に関してはかなりシビアな目で見ちゃう。作るからにはきちんと用途と好みに合ったものに仕上げないと絶対使わなくなることが分かっているだけに、意外と高いハードルになりそう。
  • 仕事の道具入れにはいいんだけど、骨格ストレートのコーデにはあまり合わない懸念が。仕事用と割り切ればいいだけの話ではある。

バッグにリメイクのシミュレーション

悩みに悩んだ末、とりあえずどんな感じになるか実際に見てみようと思い立つ。

足だけ裏返して畳んで整えて…できあがり。

f:id:naganegi222:20170916043144j:plain

f:id:naganegi222:20170916043142j:plain

実際はこれにマチが付くんだけど、雰囲気としてはこんなかんじ。持ち手部分は足を無理やり畳んで作ったものなのでもっとシュッとすると思う。

ヒップのファスナーとか色落ち具合とかのお気に入りポイントがそのまま残せる!と思ったんだけど、こうして見てみると、これはヒップの丸みの上に乗ってるから良かったのであって、バッグにしたらそれほどでもないなと感じました。

口はファスナーで閉じる仕様にして、口とサイドと底には固めの芯材を入れて自立するトートにしようと思ってたんだけど、ちょっと気持ちがしぼんで来たかな…

うん。やっぱりサイズ直しして、完全に履きつぶしてからリメイクにしよう。バッグはまた別で探せばいいや。

というわけで次はまたサイズ直しの話に戻ります。

一応今後の予定。

  1. 再度フィッティングを行い具体的な詰め幅の算出
  2. 手順を検討しつつ解く
  3. 仮縫い・試着
  4. 本番の縫い
  5. 仕上がり確認と独り反省会

おそらくこんな進行になるかと。ゆっくり時間をかけて直していきたいので、この子に関する更新は飛び飛びになると思います。

 

【お直し計画】お気に入りのヒッコリーボーイフレンドデニムが捨てられない【シルエット確認編】

f:id:naganegi222:20170913102900j:plain

今年、夏向けにゆる系デニムを買い替えました。元々気に入って履いてたものが、骨格診断受けてから改めて見たらゆるすぎじゃね?となりまして。

詳しくはこちらの記事にて。

www.naganegi222.com

で、理想通りのゆる系デニムが見つかったはいいんだけど、元のデニムがどうしても捨てられない。ヒッコリーの色味と色落ち具合が本当にお気に入りだった模様。バッグにリメイクしようかなーとか色々考えたんですが、その前に一度本格的にお直しすることに決めました。

バッグに…っていうのは、職場のおしゃれ男子がこんな感じのデニムリメイク風バッグ持ってていいなと思ったのね。

f:id:naganegi222:20170915101828p:plain

ポケットとか腰回りの感じをそのまま活かしてバッグにってのもなかなかいいんでないのと思ったんですが。

とりあえず今日はリメイクじゃなくてお直しの計画を練る話です。

お直し前。

f:id:naganegi222:20170913102736j:plain

とにかくウエストがゆるくて、そのせいで丈が余る余る。半端ない裃感が漂います。

f:id:naganegi222:20170915103127j:plain

ふざけてちょんまげ描いたら思いがけず「著作権大丈夫かな」って感じになったので裃でごまかす。

上のTシャツで隠してますけど、腰履きのショーツがさらに半分見えちゃうくらいのウエストのゆるさ。すなわちヒップトップで辛うじて引っ掛けている状態です。

実際に履くときはさすがにベルトで履き位置上げますけど、あんまりウエスト閉めると今度はお尻が膨らんでもんぺスタイルになってしまう。

f:id:naganegi222:20170915103321j:plain

腰履きを維持するにしても、まずウエストは詰めざるを得ない模様。

3パターンのお直しをシミュレーションしてみる。

  1. 腰履きは維持。足の筒のゆるさも残す。
  2. 腰履きは維持。足はジャストフィットに直す。
  3. 腰履きはやめて、ウエストで履く。足もジャストサイズに直す。

この3パターンをシミュレーションしてみました。

腰履きは維持。足の筒のゆるさも残す。

f:id:naganegi222:20170913102900j:plain f:id:naganegi222:20170913102747j:plainf:id:naganegi222:20170913102805j:plain f:id:naganegi222:20170913102818j:plain

今のオーバーサイズ感だけをなくして、ガールフレンド的シルエットに直す感じ。新しく買ったゆる系デニムを参考に寄せて行こうかなと。

悪くないと思う。やっぱこの足周りに余裕がある感じ好きなんだよなあ。

このフィッティングでも丈がこれだけ余る。

f:id:naganegi222:20170913103020j:plain

まだまだ殿中でござる。

実際に履くときには裾をひと折りしたい感じなので、向かって左の足は下の図のような折り方でフィッティングしているでござるよ。

f:id:naganegi222:20170915103343j:plain

この折り方だと結構な長さの丈をごまかせる。

まあ丈は一番最後になるので、とりあえず置いときます。

腰履きは維持。足はジャストフィットに直す。

f:id:naganegi222:20170913102828j:plain f:id:naganegi222:20170913102910j:plainf:id:naganegi222:20170913102842j:plain f:id:naganegi222:20170913102921j:plain

こちらはローライズのストレートデニムに直す感じ。ちょっとずつフィッティングを変えていっぱい撮ってみたけど、どれもいまいちな感じ。シルエット的にはパターン1より正解なはずなのになんでだろう?と思っていたのですが、次のフィッティングでその謎が解けました。

腰履きはやめて、ウエストで履く。足もジャストサイズに直す。

f:id:naganegi222:20170913102940j:plain

要するに普通履きのストレートデニムへのお直しですな。

ここでさっきの違和感の正体が判明。

ヒッコリーの縞々がシルエットのラインとそぐわないのと、「生地の皺がなくなっているのに皺状に入ってる色落ち」がすごく不自然なんだ。特に腿の付け根に放射状に入った、かなり明るい色落ちのライン。これがこのフィッティングだと脈絡もなく不自然に入った模様にしか見えません。足前面の広い色落ちも、上にずり上がっちゃってて変な感じ。継ぎ当てみたい。膝中心に上下に広がる色落ちの方が自然です。

色落ちが絡むと、極端なお直しは不自然になるんですね。ひとつ勉強になりました。

おまけで舞台裏。

f:id:naganegi222:20170913102930j:plain

こんな感じで洗濯バサミで仮止めして、ウエストは分厚いので手で押さえながらシルエットを確認しています。実際詰める時は外か内側のサイド切り替えで詰めることになるわけだけど、シルエットを確認しながら「この位置は何センチ詰める」っていう詰め幅を算出するにはこれが手っ取り早い。

 下は「ウエスト・ヒップさえ詰めてしまえば、足の筒はそんなに余ってる感がないね」の図。1のガールフレンド的フィッティングを横から見るとこんな感じです。

f:id:naganegi222:20170913103010j:plain

んー。

これでいんじゃね?

思いつくシルエットは一通り試してみたし、色落ちを活かすためには、ある程度ゆるさが残ってないと駄目ってこともわかったし、ここはパターン1のガールフレンド的シルエットで行きましょう。

最終的にウエスト詰め幅はこのくらいになりそう。

f:id:naganegi222:20170913103044j:plain

後ろのポケットのファスナーは素人にはちょっと手をつけられない気がするので、サイドと後ろ中心を解いて詰めていくことになるのかな。

サイド前身頃はリベットがあるので殆ど弄れないね。後ろ中心も、左右のヒップポケットがあまり寄り過ぎてしまうと、せっかくのお気に入りバックスタイルが台無しになる可能性大。見ろよアイツ眉毛つながってるぜ的なね。

ウエストとヒップの間に横の切り替えが入ってるので、解く部分がかなり多くなりそうな予感も。しばらくにらめっこしながら、慎重に計画を立てていこうと思います。

いいのさ。

お前ともうちょっと長く過ごせるなら、それくらいの労力は惜しまんよ。

あーでもバッグにリメイクも心惹かれるなあ。迷う。

秋冬用のVネックロンTをアップデート。(2017/09/15 肩切り替えについて図など追記)

ロンTは結構長いことand it_さんのくしゅくしゅロングカットソーを愛用してきました。

着心地もいいし、丈もストレートのシルエットに合わせて詰めたのでさらに似合う感じになって今年もよろしく!ってところだったんだけど。

日課のネットウィンドウショッピング中にとあるVネックロンTを発見。これがなかなか良かったのでレビューしていきます。

商品はこちら。

オシャレウォーカーさんのシンプルVネックゆるっとロンT。綺麗な深Vネックと、肉感を拾わないゆるっとシルエットに目を惹かれました。ゆるっとしているけど、だぼだぼではない。そして心を鷲掴みにしたのは色展開。サマータイプ好みのソフトなニュアンスカラーが!

実寸等確認したところ、Mサイズで胸回りがジャストっぽかったので、早速購入してみました。

サイズは夏にTシャツ探し企画をやった時の寸法を基にしています。

www.naganegi222.com

今回届いたのはモカとアイスグレージュの2色。着用感がバッチリだったので、追加ですごく気になったピンクアーモンドも注文しました。

  • 商品はこちら。
  • 早速試着。
    • 着丈・袖丈・着幅等
    • 肩の切り替え位置
    • カラー:モカ
    • 裾の始末
    • 深Vネック
    • 生地
    • 袖丈直した方がいいかも
    • カラー:アイスグレージュ
    • タグ
    • 気になるところ
  • まとめ
続きを読む