Whatever!

気ままレシピとシンプルライフ。

【試作】保冷ランチバッグをつくってみた

f:id:naganegi222:20200731050427j:image

 職場の冷蔵庫が混雑しているので、お弁当を保冷バッグで常温に置くことにしました。

ロッカールームも空調は効いているし、置いておくのも食べるまでの4時間程度だし、冷凍ご飯が保冷材になるので真夏でも問題ないはず。

で、どんな保冷バッグを買おうかいろいろ考えたのですが、

  • お財布や携帯をいれたボディバッグ
  • 弁当・水筒・仕事道具を入れた手提げ袋

を持って行っている状況でこれ以上バッグは増やしたくないため、手提げの中に収まるコンパクトなものがいいなと。

たとえばこんなのとか。

hb.afl.rakuten.co.jp

保冷ランチクロスなんてあるんですね。手提げから出し入れするときのために持ち手があるのは便利ですね。

hb.afl.rakuten.co.jp

こういう保冷巾着とかもいいなと思ったのですが、なにせ弁当箱がタッパーなのでサイズが微妙に合わず…。

一通りお店は見てみたけどめぼしいものがなかったので、作ることにしました。

仕様

 仕様はこちらとほぼ一緒です。

hb.afl.rakuten.co.jp

お弁当箱の高さに合わせてフィットするようある程度調節できるのと、見た目がすっきりしているのがいい感じです。

作り方

保冷コーティング素材は手に入るか微妙だったので、薄手のアルミ保冷シートと手持ちの布を合わせて作ってみることにしました。

アルミシートを使った保冷タイプ袋の作り方、についてはこちらを参考にさせていただきました。

book.nunocoto.com

 紹介されているのはペットボトルカバーなのでサイズは全然違いますし、口の仕様も違いますが、何点か変更するだけで

  • 幅:お弁当箱の幅+奥行+縫い代(サイドを「わ」にする)
  • 高さ:お弁当箱の奥行+高さ+バックル幅×2.5が最低値、
    口を折り返す分でバックル幅×2~4くらいまでプラスする
  • 口の部分は紐を通す必要がないので上の端まであわせてしまってOK
  • 外袋と内袋をあわせたら口に綿テープを縫い付け、バックルを取り付ける

ざっくりこんな感じです。

 

アルミシートの扱いについては、こちらの動画も参考に。

www.youtube.com

アルミシートに裂けやすい方向があるのは知らなかったので、とても勉強になりました。自分で確認する際は、角から5mmくらいのところに針や目打ちを刺して、角に向かって引っ張ってみると裂ける方向がわかります。

 

アルミシートは薄手のものがよかったので、ダイソーのシートにしました。

「流し台シート」という名前でキッチン用品コーナーにありました。

縫うときにあてる薄紙にはティッシュを使いましたが、特に問題なく縫えました。ただ、ティッシュも裂けやすい方向があるので、縫い目からキレイに裂けるように方向を合わせてあげないと、後で外す時ちょっと大変。ティッシュって意外と丈夫なんですよね。

アルミシートの縫い目は隠れて見えなくなるので、縫うラインに油性マジックでしっかり線を引いておくと、ティッシュ越しにラインがよく見えて縫いやすいです。

仕上がり

で、完成品。

いつもの2段弁当だとこんな感じで、

f:id:naganegi222:20200731050446j:image

もう1段増やすことも可。

f:id:naganegi222:20200731050502j:image

高さが変わっても見た目すっきりは変わらないのがうれしい。

実際弁当箱を増やすことはないと思いますが、家にあるお菓子をデザートとして入れたりすることもあるので、調節できるのはほんと便利。ヤクルトとかパックジュースなんかも入れられますね。

それと、タッパーの蓋にロックがついていないので、ぶかぶかの袋だと中で外れてしまう心配がありますが、これなら割と安心かなと。

f:id:naganegi222:20200731050520j:image

保冷シートは裏が発泡素材なのである程度厚みは出ますが、外袋と内袋を別に作ってからあわせることで、縫い代がごろごろせず、全体的に割と柔らかい感触です。

表布とアルミシートを一体化させてから袋に仕立てる方法もありますが、個人的には今回の作り方のほうが好みの仕上がりですね。

直に持ち歩くなどでかっちりしっかり仕上げたいときは、合わせてから袋にする方法がいいかもしれないです。縫い代をバイアステープでくるんだりする手間がありそうですが…。

また、本来口に面ファスナーがついている仕様ですが、折ってしまうのでなくても特に困りません。

 

バックルは幅20mmのものを使いました。

f:id:naganegi222:20200731050537j:image

使ったのがヒッコリー調の生地だったので綿テープ&プラスチックバックルにしましたが、もっと華奢な感じにしたければ、細いテープ&スナップボタンとかでもいいかもしれません。

後は、スカーフとかリボンみたいなものを縫い付けて結んで使う仕様にするとエレガントなテイストのものもできそうですね。

今後の課題

今回はアルミシートの厚みがどう影響するか予測しにくかったため、実際の寸法は現物に合わせて確認しながら調節しました。型紙を作りやすいよう、寸法の出し方を考えてみようと思います。

あと、汚れた時に洗えるのか微妙なので、内袋を取り外して外袋を洗濯機にかけられる仕様にしたい。今のままでも手洗いなら大丈夫だろうとは思いますが、食べ物を入れるものだし、がしがし洗えるに越したことはないですからね。

型紙は新しい仕様が固まってからかな。

ほかには…面倒くさがらずにちゃんとアイロン使おうねってとこでしょうか。生地のたたみジワとか、口の折り返しとかね。雑。