気ままレシピとシンプルライフ。

面倒くさがりで外食派だったプチ汚部屋人が、健康で文化的な最低限度の生活を取り戻していくブログ。自炊しようかな、から始まり、ミニマリストまではいかなくていいけどシンプルに暮らしたいと思い始めたところ。

水をさしながら作れば焦げずに時短。飴色玉ねぎつくってみた

なんか突然自分で作ったハンバーグが食べたくなりまして。
ハンバーグのついでに、冷凍用の飴色玉ねぎをつくることにしました。

飴色玉ねぎにつきましては冷凍派、レンチン派など派閥が分かれるようでありますが、私はなんのかんの言っても炒めるのが一番早い気がしている「水さし強火派」です。

というわけで今回は炒める方法で安全かつ早いものを。今回作ったのを使いきったら、そのうち冷凍とレンチンもやってみましょうかね。

調理時間

15~20分

材料

  • 玉ねぎ 大1個
  • サラダ油 大さじ2
  • 塩 2つまみ

作り方

  1. 玉ねぎはできるだけ細かいみじん切りにする。
    f:id:naganegi222:20170728091145j:plain
  2. フライパンに油を引き、玉ねぎを強火で炒める。
  3. 油が全体に絡んだら水50ccを入れ、そのまま強火で混ぜながら炒め続ける。
  4. 水がなくなったらまた50cc加え、これを5回ほど繰り返す。
  5. お好みの色・甘さになったら出来上がり。

f:id:naganegi222:20170728041227j:plain

水を加えれば強火でも焦げずにいける

今回は水5回で終了。ポイントは少量の水を何回か加えること。強火で炒めると水気がなくなってあっという間に焦げてしまいますが、水で温度調節と水分調節ができ、焦げにくくなります。玉ねぎ成分がフライパンに焦げ付いたのも、水で流して玉ねぎに纏わせてしまいましょう。

 塩は最初に玉ねぎの水分を出すためのもの。しんなりするまでが気持ち早いような、実はそうでもないような。みじん切りじゃなくてスライスでやると結構違うかも。

オニオングラタンスープのレシピ等にあるバターは、使う時に足します。

f:id:naganegi222:20170728082915j:plain

 まーとにかく熱い。暑い。でも水入れて水気が飛ぶまでは多少放置しても焦げないので休み休みできるのがいいところ。

f:id:naganegi222:20170728041248j:plain

ハンバーグに使う分だけ残して冷凍。ミートソースの教訓を活かし、縦に割っておきます。

www.naganegi222.com

 残りは何に使おうかな。