気ままレシピとシンプルライフ。

面倒くさがりで外食派だったプチ汚部屋人が、健康で文化的な最低限度の生活を取り戻していくブログ。自炊しようかな、から始まり、ミニマリストまではいかなくていいけどシンプルに暮らしたいと思い始めたところ。

【リペア】クローゼットの扉に開いた穴を修復。その(1)

穴開いちゃったんですよ。賃貸なのに。

f:id:naganegi222:20170423090547j:plain

衣装ケースの引き出しか何かをぶつけたんだったかな。もう結構前から開いてるんだけど例によって放置していたのでいい加減なんとかしようかと。

さっそくオペ開始。

まずは割れた部分を一回取り除きます。中は空洞になってる。で、土台は…何これ?紙?紙を圧着したボードのようなもの。

あーもうこれ絶対やりにくい。一応方針としては、

  1. 裏から板をあててパテで埋める
  2. 元の表面(木目がプリントされた紙)を貼る
  3. 表面の隙間は何かで埋めて、何とかして補完

という中途半端なものです。フローリングみたいに木目の凹凸があってワックスでごまかせるものならまず分からないくらいまで直せる自信があるのだけれど(経験済み)、表面は凹凸一切なしの紙、土台は柔らかい紙ボード、光で凹凸の目立つ垂直面、正直どこまでやれるか全く自信ない。まあいいや、駄目だったらまた考えよう。

んで、とりあえず割れた部分をカッターとピンセットで取り除いて、裏から板をあててボンドで固定したところ。

f:id:naganegi222:20170423090949j:plain

板はホームセンターで売ってたひのき板の薄くて細い奴。小さく切って、穴から突っ込んで鉤状のスパチュラで裏から抑えながらボンドを隙間に流し込むというゴリ押し作戦。

とりあえず固定はされたのですが、土台の紙ボードの層がちょっと割れて裏側に膨らんじゃっててまっ平らにはならなかった。もういいや、どうせパテで埋めるんだしな。

ちなみに板が斜めになってるのは、中の枠組みが斜めに組んであるせいです。多分5cm角くらいの格子状になってるのかな。よりによって枠組みのないところにぶつけた模様。もう。

そしたらパテで埋めていきます。まずは第一段階として、土台となる面を作っていきます。表面に紙を貼ることを考えて、少し凹んだ状態にしておく。

f:id:naganegi222:20170423092435j:plain

使ったパテはこちら。

f:id:naganegi222:20170423092232j:plain

写真だと色が違って見えるけど、遠目には凹凸さえなければかなり近い色でした。

剥がした表面をどう凹凸なく貼りつけるか。これという方法がまだ思いついてなかったので、とりあえず裏にくっついてる余分なボードのかけらをカッターで剥がして、表面の紙だけにしておく。

f:id:naganegi222:20170423092243j:plain

f:id:naganegi222:20170423092253j:plain

こんな感じ。

f:id:naganegi222:20170423092259j:plain

f:id:naganegi222:20170423092305j:plain

とりあえずマスキングテープの上で組んでみた。紙なのでかなりボコボコ。しかも右上のパーツ1か所失くしたっぽい。
これを何とか平らにしないといけないのよなー。しかも表面をできるだけ損なわずに。逆にこのパーツを平らに組めれば、土台への取り付けがかなり楽になるはず。

うーん。

アクリル板か何かにマスキングテープを裏返しにくっつけて…紙の表面をマステ側にして貼りつけて…裏からパテ塗って…別のアクリル板でサンドイッチして圧着…?な感じかな?どこまで平らにできるかな。

とりあえず今日はここまで。