気ままレシピとシンプルライフ。

面倒くさがりで外食派だったプチ汚部屋人が、健康で文化的な最低限度の生活を取り戻していくブログ。自炊しようかな、から始まり、ミニマリストまではいかなくていいけどシンプルに暮らしたいと思い始めたところ。

【レシピ】おひたしアレンジ。かき菜納豆

先日ちらっと触れた、かき菜のおひたしのアレンジレシピ。

材料

  • 作り置きのかき菜のおひたし
  • 納豆
  • 醤油

作り方

  1. おひたしの茎部分を1cm幅くらいに刻む。
  2. 納豆をパックの中でタレと混ぜ、刻んだかき菜を投入。
  3. 醤油を少し加え、よく混ぜる。

簡単!

f:id:naganegi222:20170415051256j:plain

醤油はキッコーマンの「削りたて鰹節香るしょうゆ」がおすすめです。

 amazonだと大きいの3本セットからしか置いてない…なんでなの…

納豆はごく普通のプレーンなもの。からしは私はあんまり好きじゃないので入れないのですが、お好みでどうぞ。個人的には納豆には七味とごま油派です。

ワードローブテンプレ作成に関するメモ。

さっそくテンプレートを作ってみたわけですが。

naganegi222.hatenablog.com

作る時に気をつけたことについて、書いていきたいと思います。

テンプレートの見た目

商品名 ネーム記載のブランド 購入店舗

f:id:naganegi222:20170413092645j:plain
サイズ
何故購入に至ったか、必要だった理由、決め手など
実際に使っているのは場面、コーデなど
お気に入りポイント
着用していて気になる点
よく合わせる服やアクセサリなど
その他記載しておくべきこと

 HTMLソース

<div class="wardrobe_wrapper">
<h4 class="wardrobe_header"><span class="wardrobe_title">商品名</span> <span class="wardrobe_brand">ネーム記載のブランド</span> <span class="wardrobe_shop">購入店舗</span></h4>
<div class="wardrobe_img"><img class="hatena-fotolife" title="*****:plain" src="*****.jpg" alt="*****:plain" width="200" /></div>
<dl class="wardrobe_dl">
<dt></dt>
<dd>サイズ</dd>
<dt></dt>
<dd>何故購入に至ったか、必要だった理由、決め手など</dd>
<dt></dt>
<dd>実際に使っているのは場面、コーデなど</dd>
<dt></dt>
<dd>お気に入りポイント</dd>
<dt></dt>
<dd>着用していて気になる点</dd>
<dt></dt>
<dd>よく合わせる服やアクセサリなど</dd>
<dt></dt>
<dd>その他記載しておくべきこと</dd>
</dl>
</div>

CSSコード

/*■ワードローブアルバム 外枠*/
div.wardrobe_wrapper{
border:1px solid #cccccc;
padding:0px;
}
/*■ワードローブアルバム 見出し*/
h4.wardrobe_header{
margin:0px 0px 10px 0px;
}
span.wardrobe_brand:before{
content:"("; /*ブランドの前*/
}
span.wardrobe_brand:after{
content:"/"; /*ブランドの後ろ ショップ名との区切り*/
}
span.wardrobe_shop:after{
content:")"; /*ショップ名の後ろ*/
}
/*■ワードローブアルバム 画像*/
span.wardrobe_img{
padding:5px 3%;
}
/*■ワードローブアルバム リスト*/
dl.wardrobe_dl{
padding:3%;
line-height:1.2; /*これやらないと段組みが縦にずれる*/
}
dl.wardrobe_dl dt{
float:left; /*横並び設定*/
clear:left; /*横並び設定*/
width:6em; /*項目名の幅*/
}
dl.wardrobe_dl dd{
margin-left:6em; /*項目名の幅*/
margin-bottom:0.5em; /*項目名の行間*/
}
/*項目名入力*/
dl.wardrobe_dl dt:nth-of-type(1):before{
content:"サイズ";
}
dl.wardrobe_dl dt:nth-of-type(2):before{
content:"購入の経緯";
}
dl.wardrobe_dl dt:nth-of-type(3):before{
content:"実際の用途";
}
dl.wardrobe_dl dt:nth-of-type(4):before{
content:"特長";
}
dl.wardrobe_dl dt:nth-of-type(5):before{
content:"難点";
}
dl.wardrobe_dl dt:nth-of-type(6):before{
content:"コーデ";
}
dl.wardrobe_dl dt:nth-of-type(7):before{
content:"メモ";
}

解説

  • 定義リスト<dl>を使う
  • 項目名は自由に変えられるようにする
  • 商品名・ブランド・購入店舗は目次にしたい
定義リスト<dl>を使う

<table>でもいいのですが、「項目名-説明文」の組み合わせなので、文法的にはこちらが正しいかな、と。縦横にそれぞれ複数の項目が並ぶような時は<table>一択なんですが。これなら<table>風の横並び表示もできるし、見づらかったら改行表示に変更できるし、融通が利きます。

項目名は自由に変えられるようにする

項目名を何にしようかかなり悩み、とりあえずこれと決めてはみたものの、後で項目名を変えたくなる可能性が大。そこで、CSSのcontentプロパティを使って、あとからまとめて変更できる仕様にしてみました。

<dt>に:nth-of-type(n)セレクタを使うことで、「(n)番目の<dt>について」という指定を行っています。で、各内容をcontentプロパティで表示。多分ないとは思いますが、もし後から項目数を増やしたくなったら、後ろに追加限定ですが、増やすことも可。項目の順番を入れ替えようと思ったらソース全部変更しないといけませんが、まあそんなことはないでしょう。おそらく。あったらその時だ。

ちなみに、

【HTML】

<dt class="size"></dt>
<dd>サイズ</dd>

CSS

dl.wardrobe_dl dt.size:after{
content:"サイズ";
}

こんな感じで各<dt>にクラス名を与えて指定してもいいのですが、見たまま編集画面だとCSSで指定した項目名が表示されない(Google Chrome)ので、何かでうっかり<dt>の順番を入れ替えちゃった時、間違いに気付きにくいかな、と。単純に順番で管理することにしました。

商品名・ブランド・購入店舗は目次にしたい

最初は全部定義リストに突っ込んでしまおうと思っていたのですが、この3項目は目次として表示させたいと思ったので、中見出し<h4>にまとめました。はてなの目次機能は便利ですねー。

「()」や「/」など3項目間の区切り文字も、後で変えられるよう項目名同様にCSSで管理しています。

とりあえずこんなことを踏まえて作りましたよ、というメモ。
構造的にはこれでとりあえず決定。細かいデザインは随時変更する予定です。

クローゼットの「見える化」。ワードローブアルバムを作る。

f:id:naganegi222:20170413084937j:plain

手持ちの服を撮影してみた。

「この冬着た服、着なかった服」的な記事を書くために、主だった服の写真だけ、と思って撮り始めたんだけど、骨格診断を受けてきた時にいずれやりたいと思っていたことなので、せっかくやる気が出たこの機会に手持ちの服を全部撮ってみることにした。

といってもまだ冬服だけ。そこそこ時間がかかる。春物も近々撮りたい。

撮った写真を見返してみて思ったけど、タンスをひっくり返さなくても手持ちの服が把握できるのは想像以上に便利かも知れん。

ワードローブアルバムに関する、漠然としたアイディア。

  • 写真の仕様を決めておく。今回撮った仕様を基準にする。
  • 買ったらすぐ撮影。
  • PCの服フォルダに突っ込んで、サムネイル一覧で眺められるように。
  • スマホからも一覧で眺めたい。容量的にiCloud Driveでいけるかな?
  • ブログに「ワードローブアルバム」カテゴリを作り、大まかな分類ごとに記事を書く。シャツ、冬物アウター、ボトムス、など。
  • 一着ずつコメントをつける。ブランド、サイズなどのリピート購入用メモや、気に入っているポイント、気に入らないポイントなど。
  • 季節ごとにお気に入りのコーディネートを記事にまとめてコメントをつける。
  • この服に合わせるこんなアイテムが欲しい、というメモ。
  • 処分した服の記事を作る。

こんな感じかな。作っていくうちに変わるかもしれないけど、とりあえずメモ。

毛玉取りのすすめ、ニット編。

家事と呼んでいいか微妙なところだけど、好きな家事の一つに毛玉取りがありまして。
休日の今日は、タンスの整理を兼ねてニット類の毛玉取りに没頭していました。

  • 我が家の毛玉取り機
  • 今日のターゲットはこちら。
  • ポイントはこの3点。
    • 全体を見渡し、一番目立つ毛玉から取る
    • 「玉」になってない毛も要注意
    • 首方向から光を当てて確認

我が家の毛玉取り機

f:id:naganegi222:20170413031152j:plain

TESCOM KD778。

AC電源なので、長時間使用でもパワーが落ちません。これの前は電池式の物を使っていましたが、まとめて毛玉取りをするズボラータの私には持続時間的に不十分だったので、パーツを失くしたのを機にAC電源タイプに買い換えました。コードは約2m。まあ充分。

f:id:naganegi222:20170413034423j:plain 

毛足の長さに合わせて調節するスペーサー、風合いガード。ひねって目盛を合わせると、ガードの高さが変わります。

f:id:naganegi222:20170413034435j:plain

カッター部分。刃の届く範囲は直径43mm。

f:id:naganegi222:20170413034448j:plain

ハイゲージニットや靴下などはガードを外して使う。

f:id:naganegi222:20170413034501j:plain

分解後。お手入れ用の小さいブラシが付いてきますが、正直あまり使えない。ピンセットとハンドワイパーで掃除してます。エアダスターがあれば完璧だけど、そこまでしなくても平気。
毛玉がたまると無駄にジョリジョリ音がするようになるので、そうなったら一旦綺麗にします。

前のは多分これ。ちょこちょこまめに毛玉取りをするなら、持ち運び自由な電池式も悪くないです。上の写真には載ってないですが、ちゃんと風合いガードもついてます。

続きを読む

コメント機能について

コメント機能をオンにしてみました。

昔ハンドクラフト系のブログを運営していたことがあるのですが、コメントを貰うと嬉しくてすごく励みになる半面、きちんと1つ1つ返信しなきゃ!という義務感に駆られてしまい、返信作業に追われてしんどくなる、ということがあったので、このブログでは今までオフにしていました。

元々人に宛てた文章というのがどうにも苦手で、メールの返信なども時間がかかってしまう性質でして。身内とか気心の知れた友人が相手なら、多少雑な返信でも気にせず送ることができるのですが、前のブログでは、コメントをくださる方の多くが、自分の作品を買ってくださる「お客様」だったこともあり、特に気を遣いました。時にはコメント返信だけで一日潰れてしまうこともあったりで、最後は事情を説明して、コメントオフにしてしまいました。

先日、あるブログで

  • コメントは承認制で、基本的に承認はしない(非表示のまま)。
  • 個別の返信もしない。
  • 質問等に関しては記事へのフィードバックで行う。
  • 返信したいコメントがあれば返信用の記事を書く。

 というスタイルを実践されている方がいて、そういうのもありかと気づいたので、当面の間、それに倣ってみようと思います。

基本すべてに目を通しますので、質問や感想、ご指摘等あれば、気軽にコメントしていただけるとありがたいです。
※返信やフィードバックの際、いただいたコメントを引用させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

以下余談。

スマホが一般的になってから、LINEの既読スルーが叩かれるとかそういう話を聞くたび、自分も絶対叩かれる側だなーと思い、おかげで怖くてLINEには手を出せずにいます。周りの若い子たちが休憩時間とかに手早くLINEの返信をしているのを見ると、素直にすごいなーと思う。対話に関する反射神経が違うんだな、と。

自分は会話でも熟考してから口を開くタイプなので(別にそれは悪いことじゃないとは思っているのですが)、レスポンスが早くて正確な人を見ると、正直かなり羨ましい。

雑談力をつける系の本が、ちょっと気になる今日この頃。

【副菜】おひたし三昧。リピ決定のキッコーマン「削りたて鰹節香るしょうゆ」

最近かき菜のおひたしにハマっています。

材料

  • かき菜 2袋
  • 水 鍋いっぱい
  • 塩 適当

作り方

…っていうほどのものでもないけど。家庭科で最初に作るしね。

  1. 鍋にたっぷりとお湯を沸かす。
  2. 沸いたら塩を少々。適当。
  3. かき菜の茎の部分から鍋に沈め、全部沈んだら約2分茹でる。
  4. 茎が指でつぶせる硬さになったらすぐにお湯を切り、水にさらして冷ます。
  5. 数束ごとに揃えて水気を軽く絞り、適当な長さに切ったらさらにぎゅっと絞って完成。

f:id:naganegi222:20170412080615j:plain

茹で中の写真。2袋分まとめてつくって、大きめタッパーに保存。ご飯のおかずにプラス1品するもよし、別の料理にアレンジするもよし、小腹がすいた時のおつまみにもよし。野菜だからカロリーとか脂肪分とか気にせず食べられるのがよい。4、5日は冷蔵庫でいけるし、冷凍すればしばらくもちます。

おすすめの食べ方はこちら。

  • マヨネーズ+「削りたて鰹節香るしょうゆ」
  • 刻んで納豆と1:1で混ぜる+「削りたて鰹節香るしょうゆ」
  • さっと茹でた油揚げと、麺つゆ+ごま油で和える

前に貰った醤油の詰め合わせの中に入っていたこの醤油が、おひたしにぴったりなことを最近発見し、ここ数週間でものすごい勢いで消費中。

とにかくこの醤油、おひたしに合います。
ほうれん草もこれで食べたらなんか格別な味がした。マヨとの相性もばっちり。これは使い切ったらリピしてもいいかなと思っているのだけど、今見たらこの子だけ小さいパック売ってない…まさか廃番ではあるまいな。

かき菜は茹でると茎にちょっと粘りが出るので、おひたしの茎の部分を1cmくらいに刻んで納豆に入れるとよくマッチします。ボリュームも増えるしヘルシー。納豆のたれも入れて混ぜます。

以下余談。
前に味噌が大量にあるとかいた気がしますが、実は醤油も大量にあるのです。

f:id:naganegi222:20170412082650j:plain

ほらね。
何なの?死ぬの?っていうくらいある。
でもこれでだいぶ減らした方で、一時期は左の大きいのがもう1本と、真ん中の大きいやつくらいのがもう1本あって、手前の小さいサイズのがあと3本あって。真ん中の大きいは未開封のラスボスです。煮物系で一気に消費する作戦を立てている。

これを貰ったのね。
自炊しなかった頃は減らなくて、3年くらいかけて消費してる気が。もっとかな。もうパッケージ変わってるし。当然賞味期限は切れてます。おさしみしょうゆは旦那が寿司やら刺身やらでちまちま消費してるけど、まだ残ってる。

あとでおひたしアレンジも個別に記事にしようかな。